ホーム > ゆきっこ さんのマイページ > ハイネック3枚ヨーイドン

ようこそ ゲスト さん

ハイネック3枚ヨーイドン更新日:2019/10/10  投稿者:ゆきっこ さん

写真をクリックすると拡大できます

Copyright ©

簡単なハイネックのトップスです。母に縫いました。

最近見たNHKのソーイングビーという番組が面白くて、はまっていました。

その番組は8人の洋裁自慢が集まって、ソーイング対決をするというものです。私もバトルをしたくなって、時間との闘いをすることにしました。ハイネックTシャツを3枚三時間で仕上げることを自分にかしました。

番組は、木曜日午後9 時から9時半です。2チャンネルです。

グッド投票数 : 14 good!

0人 のユーザーがこの作品ををお気に入り作品に登録!

材料

ジャージ布
2メートル

道具

作り方

写真をクリックすると拡大できます

STEP.1

選んだ本はこれです。オーバーロックだけで仕上げる簡単な物です。

STEP.2

選んだ作品はこれです。

STEP.3

添付の型紙を母用に修正して、型紙を作りました。ここまでで、30分です。

STEP.4

布を3枚たったとき、一時間が経過しました。一枚縫い上げたときは一時間半たっていました。

STEP.5

縫い上げたものの、大きさが少し違います。修正したら、もう二時間経過。

STEP.6

残り一時間で、ギリギリ三枚出来ました。
でかした、自分!

作り方アドバイス!

[ カテゴリ ]
ソーイング >
[ 特別カテゴリ ]
[ タグ ]

コメント この作品の感想や作ってみたよ!という報告などを投稿してね♪

[ 1ページ目を表示しています 全件数:20 件]

ゆきっこさん  2019/10/11 20:53

チャオさん、お仕事忙しいのにありがとうございます。

丁寧なご説明、わかりやすかったです。

仕上げアイロン、大切です。チャオさんの洋服がすっきりと美しいのは、縫製は勿論ですが、アイロンもですね。

これからのソーイングビー、なにがでてくるか、たのしみです。

チャオさん  2019/10/11 16:42

ゆきっこさん 仕上げアイロンは
ブログを見ていても思うのですが仕上げアイロンを掛ければもっとキレイに仕上がるのにと思うことはよくありますよ!
綿の当て布をしてアイロンを掛けますがスッキリと仕上がるので縫いあがった後は仕上げアイロンをかけてが出来上がりです。
文字数オーバーでしたので追加しました。

チャオさん  2019/10/11 16:34

ゆきっこさん
伸びる生地は垂らして伸び具合を見てちょっと伸ばした状態で型紙を置いて裁って作ってますが、伸びる具合の違う生地を合わせて使うのはバランス撮るのが難しいですよ!
ミシェルには肩から襟周りを上手く合わせて作って置けば
襟も浮かなくて伸びた感じもそんなにしなかったと思いますがネックあたりをキチンんと作って置かないと他が良くても
抜けた感じになってしまうんですよ!
番組はめ込み過ぎで悪かった所は指摘しますが、ここをこう補正して直せばこうなると言うのを見せてくれれば
縫う人の参考になるのにと見てました。

ゆきっこさん  2019/10/11 09:48

出演者紹介  その3   このコメント欄は300文字までです。

マーク

マークは大型トラックの整備士の41歳の男性。週末には自分で手づくりした18世紀の衣装を着てイベントへ出かけるそう。Aラインスカートは「モダンすぎる」とぼやいていました。

ローレン

ローレンは27歳の最年少の女性。でも、ソーイング歴は22年。5歳の誕生日にソーイング・セットをもらってからいろんなものをつくってきたそう。「1990」という数字がデザインされたクロスステッチが額縁に入れられて映っていました。

ゆきっこさん  2019/10/11 09:47

出演者紹介  その2

ティリー

ティリーは2年のソーイング歴の女性。でも、たくさんの服をすでにつくっているそう。自分で型紙をつくって、服を仕立てているというかなりのソーイング上級者です。

ジェーン

ジェーンは15年前に夫と死別した女性。大好きな車や服に人生を捧げてきたそう。とてもおしゃれな女性です。

ミシェル

ミシェルは31歳の団体職員。7ヶ月の赤ちゃんのママ。幼い頃の記憶にいつも縫い物をする祖母がいるそう。家族が必要とするものを、何でもつくっていた祖母のことを話します。縫い物をしていると、祖母や母を思い出すのだそう。

ゆきっこさん  2019/10/11 09:45

第1回を見逃した方へ、出演者紹介。その1

アン

80代のソーイング歴75年の女性アン。最初は布の切れ端で人形の服をつくり、それを見た母親が生地を与えて11歳のときにブラウスをつくったのがソーイングのはじまりだそう。

サンドラ
3人の娘さんに参加をすすめられた清掃業の47歳の女性サンドラ。娘さんに服のアレンジを頼まれて普段からよくしているのだそう。

スチュアート

41歳のフィットネス・インストラクターのスチュアート。ソーイングをはじめたのは21歳の頃と話します。はじめて一人暮らししたときに、部屋を飾るカーテンやクッションやベッドカバーをつくったのがきっかけだそう。

ゆきっこさん  2019/10/11 09:31

MISIAさん、私も同じ意見です。

目が回る詰め込み、まさにそうです。縫い方出来上がり、もっとじっくり見たいですが、これからだんだん人数が減っていくのでそうなるとおもっています。

1回目はね、スカート対決でした。サンドラは裏地まで付けて綺麗にできて1番でした。

名前を覚えるのが苦手なので、私のなかで別のなまえがあります。

アン      おばあさま
サンドラ   ポッチャリ母さん
スチュアート オネェ
ジェーン   病欠した人
マーク    鼻ピー
ローレン   美人さん
ティリー   青い服赤いルージュ
ミシェル   すべすべ褐色の肌 

misiaさん  2019/10/11 09:01

面白いチャレンジですね!3時間で3枚、凄いとしか言いようがありません。
午前中に縫ったのを着て、午後はお母様にも届けるなんて芸当も出来そう!

ソーイングビー観ましたよ、30分番組、目が回るような詰め込みですね、もっとじっくり見たい。
特にサンドラのワンピースなど、もう少し細部を。マークの水玉のも私は好き。
洋裁は私は若い時少しかじったけど、今は全然です。でも紹介して頂いて、とても楽しみました。

ゆきっこさん  2019/10/11 07:35

チャオさん、質問があります。教えてください。

伸びる生地を垂らしてみて、襟ぐりに伸び止めテープを貼ったら、うまくいきますか?あの形は襟ぐりさえキュッと収まったら、いけるのでしょうか?  素材に無理があるので、なにをしても難しいですか?

2回この番組を見て、気になったのは、アンだけが仕上げアイロンをしているように見えることです。

仕上げアイロンで裾もダーツも美しくなるのに、とかおもいながらみています。チャオさんはどうみておられますか?

チャオさん  2019/10/11 00:52

ソーイングビー今回のミシェルさんの生地の伸び具合の違う物を使っての挑戦は
垂らして見て伸び具合を見てやらないといけないのでもし出来ても時間的に無理があると思ってました。
アイロンで誤魔化せるもので無いので慣れて無ければ難しいですよね。
時間制限があるので仕方ないけど鎗田買ったことは分かりましたよ!
来週も見ますが録画もしてチェックもします。