ホーム > ぴかりん さんのマイページ > トレー&コースター

ようこそ ゲスト さん

トレー&コースター更新日:2015/07/22  投稿者:ぴかりん さん

写真をクリックすると拡大できます

Copyright ©

牛乳パックを使って、トレーを作りました。
息子の夏休みの工作を調べていたら、私が作ってみたくなりました。
参考サイト…雪印メグミルク「牛乳パックで作ろう」

トレーの応用で、パッチワーク風コースターも作りました。
パーツが小さいので、折返部分をスティックのりで仮止めし、
表と裏をボンドで接着した後、アイロンをかけました。

グッド投票数 : 31 good!

1人 のユーザーがこの作品ををお気に入り作品に登録!

材料

牛乳パック
適宜
生地
適宜
リボン
適宜

道具

作り方

写真をクリックすると拡大できます

STEP.1

牛乳パックと生地を図のように切ります。
薄い生地を使ったので、牛乳パックを2枚にしましたが、
厚い生地なら、牛乳パック1枚で大丈夫だと思います。

STEP.2

アイロンで、牛乳パックと生地を接着します。
牛乳パックの柄が透けるので、白い方を表にしましょう。
スライドさせず、抑えるようにかけると良いみたいです。

STEP.3

中心に両面テープを貼り、2枚を重ね合わせます。

STEP.4

表側と裏側の生地の縁を、ボンドで貼ります。

STEP.5

生地の4隅を摘み 穴を開け、リボンを通して結びます。

作り方アドバイス!

牛乳パックは、ポリエチレンでコーティングしてあります。
ポリエチレンは、110℃で溶けるとの事。
アイロンで、牛乳パックと生地がピタッと くっ付きます。
アイロンの温度は「中」
⚠️ 試作品で「高」でアイロンをかけたら、少し煙が出て焦げました。

[ カテゴリ ]
手芸 > その他
[ 特別カテゴリ ]
[ タグ ]
牛乳パック

コメント この作品の感想や作ってみたよ!という報告などを投稿してね♪

[ 1ページ目を表示しています 全件数:12 件]

ぴかりんさん  2015/08/18 11:06

なんちゃんさん、ありがとうございます。
私も、夏休みの宿題を検索していたら、熱でピタッとする事を知りました。
工作の他にも、まな板にしたり、三角コーナーの替わりにしたり、スクレイパーのようにお鍋のコゲ付きを取ったり、色々と使えますよね。
息子の宿題は、まだ 終わってません。どうするのかしら?

なんちゃんさん  2015/08/18 10:47

ぴかりん様

柄も さくらんぼで とってもかわいいですねェ。リボンが素敵です。
牛乳パックに布地が アイロンでピタッ、、、、、そうなんですかぁ~。 いいですねぇ~。 
良いお知恵をいただきました。 ありがとうございます。

ぴかりんさん  2015/07/26 07:34

ふわっプーさんは、工作が苦手なんですか? 私はかぎ針編みが苦手なので、あみぐるみをスイスイ編めるふわっプーさんを尊敬します。
アイロンを使うとピタッとなりますが、暑い日に冷房をかけずにアイロンがけしたら汗だくになりました。
小さいお子さんのアイロンがけ危ないかもしれないので、ボンドで接着がやりやすいと思いました。
布を貼っちゃうと、中が牛乳パックだなんて 分かりませんよね。牛乳パックの可能性を改めて感じました。

ふわっプーさん  2015/07/25 11:32

こんな素敵なトレーが牛乳パックで出来るなんて
想像も付きませんでしたよ。
工作が苦手な私には、絶対ムリな作品です。

最近は、100均でも『夏休み自由研究』のコーナーがあったりして
ホント便利になりましたよね。

ぴかりんさん  2015/07/25 06:36

にょろさん、いつもありがとうございます。
牛乳パックに布を貼る=カルトナージュ?
フランスの手芸のように、オシャレじゃありませんね。
牛乳パックは、資源回収に出すのも良いけど、その前に色々使えそうです。
また、作ってみようかな? 息子は、まだ やる気なし(°_°)

ぴかりんさん  2015/07/25 06:20

ねこねこさんも「何すりゃ いいんだヽ(´o`;」でしたか?
今は、インターネット・本・講座とかありますが、当時は自分で何とかするしかなかったですよね。
息子には「計画を立てて しっかりやろう!」なんて言ってますが、私はラスト1週間に仕上げていましたので、説得力ありません。
2年前、先生から「息子さんの作品を市の作品展に出します」って言われたので「夏休みの工作・自由研究は、ほとんど親の作品なんですが、大丈夫ですか?」と質問したら、
「それで良いんです◎ 親子で一緒に取り組み、コミュニケーションを深めるための宿題ですから」と返事がありました。へー そうなんだぁ、この話も 目からウロコでしたよ。

にょろさん  2015/07/24 18:00

こんにちは、にょろです☆

まあ!素敵(*^_^*)  そして、「ほほっ~」と感心しました!
どこの家にもある牛乳パックで、色んなモノが作れそうですね~♡

ねこねこさん  2015/07/24 17:00

夏休みの工作・・・毎回「なにすりゃいいんだ~!」と悩んだ思い出があります。
ポリエチレンが熱で溶けるのは、なんとなくは知っていても温度までは知りませんでした。そうか・・・こうやってくっつけることも出来るんですね~。目からうろこ!?
牛乳パックだと、意外としっかりしていますし、丈夫そうですね(^O^)/

ぴかりんさん  2015/07/24 16:06

おっと、油は危なかったですね。でも、その容器から出したから戻しただけなんですよね。その先の事は考えない、それが子供なのかも。
私も子供の時は、色々な失敗をしました。今より情報もなく、事故につながりそうな際どい事もやったような…良い思い出です σ^_^;
息子も、失敗を恐れず、色々な事に挑戦してほしいと思います。
さて、今年は、何をやるのかしら? 早目に終わらせて、最後はのんびりしたいものです(いつもギリギリ)
ゆきふじさん、コメントありがとうございました。

ゆきふじさん  2015/07/24 09:37

あぁ、夏休み!
母サマやお世話係の大人は大忙しの時期ですね。
オツカレサマデス。
企業のホームページやイベントなどでも、たくさんの自由研究のタネが紹介されているようで。
牛乳パックから樹脂ごとの耐熱温度比較とか、興味もってもらえたら話題が広がりますね。
小学校低学年くらいの頃、熱したフライパンに入れた油が多かったから、
考え無しにもとのペットボトルに戻そうとして
容器を溶かしそうになって親を慌てさせたことを思い出しました・・・(苦笑)。
何のために油コシ器があると思ってんだ、と注意されたなぁ。

使える工作からのステキな大人の夏休み自由研究になりましたね!