ホーム > kurimu さんのマイページ > ドールハウスボックス 作り方とアドバイス

ようこそ ゲスト さん

ドールハウスボックス 作り方とアドバイス更新日:2018/10/02  投稿者:kurimu さん

写真をクリックすると拡大できます

Copyright ©

両開き開閉式のドールハウスボックスを作ってみました。

サイズ、高さ約22cm×横約23.5cm×奥行約9cm
仕上げにミルクペイントを塗り、レトロ風に仕上げています。

グッド投票数 : 6 good!

1人 のユーザーがこの作品ををお気に入り作品に登録!

材料

バルサ板 2~8mm厚
各2枚
ボンド
適量
蝶番
4個
塩ビ板
1枚
つまようじ
2本
ウッドビーズ
4個
ミルクペイント2種類
適量
レース
適数cm
マグネット
8個

道具

作り方

写真をクリックすると拡大できます

STEP.1

①製図を書きます。

STEP.2

②必要な板をカットしたところ。
※板は、なるべく直角に切ってください。

STEP.3

③箱型にボンドでとめて四隅が直角であるか確認して、、ゴムバンドなどで固定し1~2日そのまま乾かします。

STEP.4

④置きたい板を配置し、薄く印をしておきます。

STEP.5

⑤面取りをし、内側にミルクペイントを塗りました。
⑥蝶番と内側に飾り付けと開閉できるようにマグネットを取り付けました。

STEP.6

⑦仕上げに、窓のところにレースで飾り付けしました。

作り方アドバイス!

※製図は、木工づくりには欠かせない作業です。
良い点として、
・無駄買いをなくす。
・ほぼ一回で買い物ができる。
・作業の上で、失敗が少ない。
・木工づくりが楽しくなる。
・同じものを何個も作れて、ますます上達すること間違いなし。

※直角に切るコツは、のこぎりを引くときに力を入れて、押す時は力を入れないということの繰り返しです。
あとは、何回も練習あるのです。

[ カテゴリ ]
ぬいぐるみ・人形 > ドールハウス
[ 特別カテゴリ ]
[ タグ ]
ドールハウス , ボックス , 木工

コメント この作品の感想や作ってみたよ!という報告などを投稿してね♪

[ 1ページ目を表示しています 全件数:11 件]

はち猫さん  2018/10/12 12:55

たびたび、ありがとうございます。

ドールハウス作り、いい道具で楽しみながら、作ってみますね ‼

kurimuさん  2018/10/12 09:04

はち猫さん

文章で伝えるのって難しいのですが、理解していただけたら幸いです。

はち猫さんが下手ではないですよ。
細めののこぎりは、溝を作るなど繊細なときに便利な道具です。

アサリなしののこぎりは、歯の形状を見るとわかると思いますが、
1枚歯になっているので、綺麗な切り口ができます。
少々お値段も高いですが、まず道具からいいものを購入して、
楽しく木工づくりをするのも一つの手段だと思います。


はち猫さん  2018/10/11 17:57

色々と、教えていただきありがとうございました。

もう1本、のこぎりは持っているのですが、名前はわかりません。
折り込のこぎり細目というものです。カバーができます。
厚みのある木は、これで切っていましたが、刃の厚みが扱いづらいのか、下手なのか。

あさりなしののこぎり、名前も初めて知りました。
検索してみたら、いろんなサイズがありますね。
小さめのを、薄い目の刃のを買ってみようと思います。

紙粘土のお人形や、羊毛の動物、服や椅子と、たくさんの手芸がなんでも作ってみえて
素晴らしいですね。

kurimuさん  2018/10/10 11:42

はち猫さんへもう一つ( ^ω^)・・・

ピラニアは、私も使うときがあります。
でもピラニアは、すっごく繊細なときに使う方が便利だと思います。
大まかに切るときは、「アサリなし」ののこぎりを使う方がいいと思います。
東急ハンズだと必ずありますよ。

失敗を恐れずに、体で覚えていくことが近道です。
素敵な作品を夢見て、頑張ってくださいね(^_-)-☆

PS: マグネットは、木に埋め込んでいます。

kurimuさん  2018/10/10 09:09

←続 

それから同じ寸法で切る作業は、機械なら可能だと思いますが、
手作業だと、ほぼ不可能だと思います。

そこで、例えば
角材を切るコツとして、必要な寸法の所に鉛筆などで4面に印線をを入れます(直角定規を使って)。
その時、のこぎりは線の上を切るのではなく、線が残るように1~2mmほど横を切ってください。

木と木を貼りあわせる時、線と線を目印にして貼りあわせます。
完全にくっついたら、直角定規で直角になっているか調整を兼ねて確認します。
後は、1~2mmほど残っている所があると思いますので、ヤスリやカンナなどで削ってくださいね。
削る作業は、作品の型が出来ら最後の作業にする方が、効率いいですよ。

kurimuさん  2018/10/10 09:04

はち猫さん

ありがとう☆ございます。
文字数が足りないので、続編でお読みください。

まず、マグネットの件ですが、
私は、ネット通販で購入しました。
「極小 マグネット」で検索したら、色んなサイズがありますよ。

続 →

はち猫さん  2018/10/09 14:22

レトロ風の、ドールハウスボックスですね!
優しい色合いが、好きです。
私も、かなのママさん、うどんおんなさんと いっしょで
子供の頃、欲しくて、亡き父に買ってもらった白いハンガー付きのタンスを懐かしく思い出しました。

製図からの作り方説明書、画像付きで、わかりやすくて 勉強になります。
私は、マイターボックスを使って、のこぎりは、ピラニアを使ってるのですが、同じ寸法の木を何本も切ると、
ピッタリ寸法が合わず、やっぱり、苦手です。

教えていただきたいのですが
マグネットは木に埋め込んであるのですか?
ホームセンターに売ってますか?

kurimuさん  2018/10/04 09:16

うどんおんなさん

ありがとう☆ございます。
わぁ~素敵なお父様との思い出なんですね☆彡

情操教育にもなっただろうし、きっと うどんおんなさんもすくすくとお育ちになったでしょうね。

今もその家は、健在ですか?
あるんだったら、一生の宝物ですよね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

うどんおんなさん  2018/10/03 19:57

こんにちは。

私は、小さいときに父が作ってくれた
シルバニアファミリーの家(スチロール板製)を思い出しました。
本物は高くて買ってもらえなかったので、父が作ってくれました。簡単なのだったけど。
屋根を赤く塗ろうとして失敗したのを覚えています。水彩絵の具じゃ無理ですよね。

今度実家に帰ったらお礼を言おうと思います。

kurimuさん  2018/10/03 08:24

かなのママさん

ありがとう☆ございます。
リカちゃんハウスを思い出いだされたなんて、嬉しいです!

このハウスは、今まで作ってきた猫人形のコーディネイトルームになっています。
ブログの方にチラッと載せていますので、
もしよろしければご覧いただければ幸いです。